" />

顔を小さくする治療

治療を受ける際には

女性

顔が大きすぎて全身のバランスが崩れてしまっている人がたまにいます。いくら美しい顔立ちをしていても、頭部だけが大きくなってしまっていると、美しくは見えません。また、子供っぽい印象になってしまうため、悩んでしまう人が少なくありません。しかし、美容外科クリニックへ行って小顔になるための治療を受ければ、その悩みから解放されることができます。とはいえ、顔が大きくなっている原因を見極めた上で治療方法を決めるようにしないと、期待するほどの改善効果が得られない可能性があります。逆に、不必要な治療を行って体に過剰な負担をかけてしまうこともありますので、顔が大きくなっている原因を正確に特定することがとても重要になってきます。たとえば、ボリュームがありすぎるヘアスタイルにしているために、頭部だけが異常に大きく見えてしまっている人がいます。その場合は、わざわざ美容外科クリニックで小顔治療を受ける必要はありません。なぜならば、ヘアスタイルを変えるだけで小顔になることができるからです。一方、加齢が原因で肌が垂れ下がり、そのたるみのために顔が大きく見えてしまっている人は、余分な皮膚や脂肪を切除するリフトアップ手術を受けるのが有効です。ちなみに、高周波や超音波をあてて肌を引き締めるだけでも、見違えるほど小顔になれる可能性があります。ただし、骨格自体が大きいために顔が大きくなってしまっている場合は、骨を削る小顔手術を受けるようにするのが一番です。

注射を使う方法

ここ数年、人々の注目を集めるようになってきた小顔治療の方法があります。それは、ボトックス注射を用いる小顔治療です。顔が大きすぎるという悩みを抱えている人の中には、顎の骨の付け根にあたるエラ部分の筋肉が発達しすぎているために顔が大きくなってしまっている人がいます。発達した筋肉が横に大きく張り出してしまい、ホームベース状の輪郭になっている人がしばしば見られます。そのような場合は、わざわざ骨を削る手術を受けたりしなくても、エラの筋肉を痩せさせることによって小顔になれる可能性が高いです。そして、そのような効果を有しているのが、上述したボトックス注射です。ボトックス注射を打つと、その部分の筋肉が収縮しなくなります。骨折した部位をギプスで固定していると、骨がくっついても筋肉が落ちてしまい、普通に動かせなくなってしまうことがよくあります。筋肉は使わないでいるとドンドン衰えていきますので、ビックリするほど細くなるケースが多いです。ボトックス注射を打った場合も、筋肉の収縮が抑制されるので、ドンドン筋肉が痩せていきます。結果的にエラのハリが消失してしまうため、スッキリとした小顔になれることが多いです。顔に傷が残らない方法であるだけでなく、体が受けるダメージもほとんどない方法であるため、ボトックス注射を利用した小顔治療を希望する人が増加してきています。